ぉ久しぶりです。。

1ヶ月近く放置しちゃいました…更新を待ちわびていた方、お待たせしました
近況報告です。
2泊3日の山梨合宿から帰った後は、気分転換ということで母と妹でお台場デックスビーチに行きましたよ!『台場小香港』で飲茶をいただいたり、『台場一丁目商店街』では水森亜土ちゃんのグッズをゲットしました~♪

画像

『小香港』でうさぎマシュマロとハリネズミのロールパンをいただきました


そして毎週火曜日には、地元のスポーツセンターでヒップホップダンスを習っています。後期からヒップホップの授業を取るので、体を慣らすという意味で通っています。
ここ数日はバイトとサークル活動に専念しています。私はコーヒーチェーン店でバイトをしていますが、先週、赤坂の店舗にヘルプとして行ってきました。こちらもまたオフィス内の店舗になるんですが、店の形態が私が働いているところ(コの字型の形態なんです)とは異なっていたので、シフトに入っている間は新鮮味がありました。同時に、「やっぱり熱意のある人はどこに行っても同じ雰囲気を持ってるな」と強く感じ、仕事をする上での連帯感を確認することができました。
画像
 
画像

写真は、お礼としていただいたメッセージカードです^^

話は変わりますが、ここ最近、社会全体の事に関心が湧き、自分でも珍しく政治について勉強するようになりました。特に日本の教育や公共事業・高齢化について疑問に思うところがあったので。

今年7月に英国レスター大学の社会心理学分析の専門家、ホワイト教授が主観的な幸福度調査ということで「健康・豊かさ・教育」を中心とするアンケートを世界中から取った結果、1位がデンマーク、2位がスイス、3位がオーストリアと続き…意外にも先進国であるアメリカは23位、日本はなんと90位となっています。調査参加国は178カ国なので日本はちょうど真ん中くらい。この差はなんなんだろうと疑問に感じた方もいると思います。

実はデンマークは所得税が60%、消費者税が25%と割高ですが、それでも国民が「幸せだ」と答えられるのは、その使い道が「生活に直結している」と国民の一人ひとりが暮らしの中ではっきり認識しているため。もちろんこの社会制度は数年で作り上げられたものではありません。2001年11月の総選挙で、ラスムセン党首が率いる自由党が外国人移民対策の強化及び社会福祉の見直しを訴え、8年間続いた中道左派連立政権(社会民主党及び急進自由党)を破って第一党となり、保守党との中道右派連立政権が発足、同政権は、内政面において高齢者介護、医療面での選択の自由の強化、増税凍結及び難民・移民の規制強化を着実に実施し成果を上げていったという背景があります。また2005年の議会解散、総選挙を実施し、第二次ラスムセン内閣を発足させます。内政上の課題であった地方自治体改革(市への権限委譲を柱とする構造改革)、年金制度改革を中心とする福祉制度改革等を実現し、グローバリゼーションの中でデンマークを競争力のある知識社会にすることを目指す、などの政策を打ち出していきました。2007年には議会を解散、またも総選挙を行い、第三次ラスムセン内閣を発足させ、引き続き増税凍結政策の推進、政府開発援助の対GNP比の増加などに力を入れ、国民がより暮らしやすい社会づくりを堅実に進めています
(参考:例えば送電線の変わりに風車。 - たくさんの想いと共に。 - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/mikiss88/55730264.html
外務省 デンマーク王国
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/denmark/index.html

このように国民みんなの教育=国民=国政という意識づけができているから、選挙に行く人の政治参加の意思が高く、投票率が80%を超えるのだそうです。日本も見習いたいところですね

でも現状は真逆です。なんだかいろんな社会問題が日々報道されてますよねということで次の記事で具体的に調べてみたことをアップ。政治なんかに興味な~いなんて人も、ぜひお付き合いください




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント